サイトマップ
買い物かごへ

【ヨーロッパ鉄道】ユーロスター / タリス / TGVなど人気の鉄道チケットを激安で販売中! 乗り放題の鉄道パスもございます!

TOP >鉄道チケットの種類について
鉄道チケットとは?

ヨーロッパ鉄道チケットの種類について

ヨーロッパの列車は種類が多く、利用する列車によって必要な料金が異なるので注意が必要です。
ヨーロッパの鉄道料金は、大きく分けて4つあります。

①乗車運賃
②特急/急行料金
③指定料金
④包括料金(ジャーニーチケット)…①~③が一つになっている(乗車運賃と特急料金と指定料金が含まれている)

ユーレイルグローバルパスなど各種鉄道パスには、①と②が含まれています。

 

 

区間乗車券

短距離の移動や1区間の往復利用の場合に適しているのが区間乗車券です。

日本で購入できる区間乗車券は、各種割引がない代わりに利用条件がよいのが特徴。 乗車運賃のほかに、特急/急行料金が含まれているため、ユーロシティ(EC)やインターシティ(IC)などの 特急列車も追加料金なしで利用できます。ただし全席指定のものは、別途指定券が必要になります。

また包括運賃チケットで利用する列車には使用できません。 また有効期間は、利用開始日より2ヵ月間(利用開始日は発券の際に指定します。英国は発券日より6ヵ月間)。 有効期間内であれば、後戻りしない限り途中下車が可能です。

包括運賃チケット利用の列車には原則利用できません

①人数②有効期間③出発駅④到着駅⑤クラス⑥料金⑦チケット番号⑧発券日⑨経由地やルートが示される

区間乗車券

 

座席指定席・寝台指定席

予約が必要な列車や夜行列車の寝台を利用する場合や任意予約制の列車で座席予約をする場合に必要なのが、 座席指定券・寝台指定券です。

日本で購入できる座席指定券ならびに寝台指定券は、 鉄道パスや日本で購入できる区間乗車券を所持している前提での料金となりますので、 必ず鉄道パスや区間乗車券と一緒にご利用ください。

この指定券を使用する代表的な列車は、スイスの氷河急行、ベルニナ急行、ドイツのICE、中央エリアのEC、ICなどです。

①予約券(追加料金券)を示している②出発日③出発時刻④出発駅⑤到着駅⑥到着日⑦到着時刻⑧クラス⑨列車番号 ⑩号車⑪座席番号⑫禁煙席/喫煙席(例は禁煙席)⑬座席タイプ(例はオープンサロンで窓側席)⑭料金 ⑮チケット番号⑯発券日

座席指定券・寝台指定券

 

包括運賃チケット(ジャーニーチケット)

包括運賃チケット(ジャーニーチケット)は、トーマスクック時刻表やインターネット時刻表などで、‘Global fares payable’という表記で表している列車が対象になっています。代表的な列車は、プレミアムとレインでは、ユーロスター、タリス、TGV、x2000、AVEなどのスペインの長距離列車やエウロスターイタリア(ES)などのイタリアの長距離列車です。ほか、エリプソス、アルテシアナイト、シティナイトラインなどの夜行列車です。これらは、多様な料金体系をとっていて、安い料金ほど購入時期や払い戻し、変更などの制約が厳しくなっています。

鉄道パスの所有者には、「パスホルダー料金(パス割引)」などの運賃割引が設定されていますが、座席数に制限があります。近年、高速道路が延伸する中で、この包括料金をとっている列車が増えつつあります。
①包括運賃チケットを示す②列車の種類(例はユーロスター)③注意事項④人数⑤出発日⑥出発時刻⑦出発駅⑧到着駅⑨到着日⑩到着時刻⑪クラス⑫列車番号⑬号車⑭座席番号⑮禁煙席/喫煙席(例は禁煙席)⑯座席タイプ(例はオープンサロンで窓側席)⑰チケットのタイプ⑱料金⑲チケット番号⑳発券日

包括運賃チケット(ジャーニーチケット)

 

 


区間乗車券と鉄道パスの違いについて

区間乗車券・鉄道パスともに、上記の①と②が含まれています。
・短い旅程で、乗る電車も決まっている(ルート変更がない)場合 ⇒ 区間乗車券、包括運賃チケット
・旅程を自由に決める、または現地で(ルート等も)変更する可能性がある場合 ⇒ 鉄道パス
・1都市に滞在して、その近郊をめぐる場合 ⇒ その都度現地で乗車券を買うほうが良い